スワップポイントに騙されない

スワップポイントとは何か

スワップポイントとは2国間の金利差から得られる利益です。低金利の国の通貨を売り、高金利の国の通貨を買った時、高金利の国の金利を受けられるという事です。

 

簡単に説明すると、低金利で銀行等からお金を借りてきて、高利回りの投資案件に投資した場合、その差額が利益となります。

それと同じ事を通貨でもやっている、という仕組みです。

 

ここで注意してい欲しいところは、必ずしもスワップポイントは受け取れる物ではないというところです。

高金利の国の通貨を売り、低金利の国の通貨を買った場合、逆にスワップポイントを支払う必要が出てきます。

トルコリラや南アフリカランドドル等の高金利な国の通貨を扱う際は注意しましょう。

 

 

スワップポイントが高いというのはどういう事か

「高金利である」という事の理由はいくつかありますが、新興国の場合は「資金調達のためやむなく金利を高くしている」場合が多いです。

南アフリカやトルコ等はまさにこのケースであり、特にトルコは産油国に隣接はしているものの、石油は産出されず、また国際情勢も度々悪化し通貨安を招いているため、安易にスワップポイントで稼ごうとするのは注意が必要です。

またFXに限らず、外貨預金でトルコリラ建てを行っているところがありますが、数か月は円に戻せないなどリスクが高いため、注意が必要です。

 

 

筆者の意見

個人的な見解ですが、スワップポイントで稼げる金額よりも値下がりリスクのほうが大きいため、スワップポイント狙いの投資はオススメできません。過去のチャートを見て頂ければわかるのですが、トルコリラは2年おきに大きく暴落しており、そのタイミングを予測するのは非常に困難です。

ごく短期であればある程度の利益を得る事が可能かもしれませんが、それならば普通にトレードを行ったほうがよいのでは・・・という認識です。