テクニカル分析をしよう

テクニカル分析

テクニカル分析とは、株価の過去の値動きパターンから将来の値動きを予測することです。

過去の傾向がわかれば、ある程度将来を予測することができ、投資成績を上げられる可能性が高くなります。・

 

・どの指標を使えばいいかわからない

・何を意味しているのかわからない

・使ってみたがうまくいかない

 

と、初心者にとっては敷居が高く感じるテクニカル分析ですが、使いこなすと売買のタイミングを見極める事ができたり、利確・損切りタイミングの把握に役立てることができます。

ここでは主に二つの指標に関して解説致します。

 

 

トレンド系テクニカル指標

トレンド系テクニカル指標は相場の大きな流れを掴むためのテクニカル指標です。

大きな材料が出ている時は、こちらの指標が役に立つ事が多いです。

筆者は主に、順張り方向を決定するときに利用したりしています。

・移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表等

 

 

オシレーター系テクニカル指標

オシレータ系テクニカル指標は現在の状況をタイムリーに反映しているため、トレンド系テクニカル指標より素早くシグナルを掴む事ができます。

主にレンジ相場や短期相場で力を発揮することが多いです。

筆者は主に、レンジ相場での順張り・逆張りタイミングを決定するときに利用しています。

・RSI、MACD等

 

テクニカル指標を使うときの注意点

テクニカル分析は大切な分析法の一つではありますが、ファンダメンタルズが伴っていない時は必ずしもその通りになるとは限りません。

あくまで参考値として、タイミングを計るためや方向性を知るために利用するようにしましょう。