初心者にお勧めの注文方法 IFD-OCO注文を使いこなそう

IFD-OCO(IFO)注文とは何か

IFDとは「If done」の事で新規注文と同時に決済注文を同時に出す方法です。これのメリットは利確だけではなく、損切りとしても決済注文を出す事ができる点です。

しかしながら、この注文方法だと利確か損切りのどちらかしか選ぶことができません。

 

OCOとは「One Canceles the Other」の略で、異なる二つの決済注文を出しておき、いずれかが成立したら片方がキャンセルされる注文方法です。

現在持っているポジションに対して1ドル〇円になったら利確、1ドル△円になったら損切りといった注文を出す事が出来ます。

しかしながら、この注文方法は現在ポジションを持っている時にしかできません。

 

IFD-OCO(IFO)注文とは、上記の二つを組み合わせたもので、もし1ドル〇円になったら、1ドル△円で利確、1ドル□円で損切りというのを一つの注文で出す事が出来ます。

利用方法としては、抵抗線を超えたあたりに仕込んで、大きな上昇を見込んだ利確、すぐに逆行してしまったときの軽めの損切りを入れたり、もしくは跳ね返されたときを見越して損切りと利確を両方入れておくなどといった使い方、さらに普段の注文での損切り忘れを確実に防ぐなどといったやり方があります。

特に初心者の方は損切り注文を入れなかったり入れ忘れたりすることがあるため、この注文方法を活用して必ず損切り注文は入れておくようにしましょう。

 

 

ギャンブル的な使い方

大きな指標では上下両方に大きく相場が動く事があります。

その時、現在の値からある程度下、ある程度上にIFD注文を仕込み、戻したところに利確注文、抜けたところに損切り注文を仕込んでおきます。

滑る事も多々ありますが、非常に有利なポジションを取る事も可能な上、失敗した時の保険として早めの損切りも入れているという状態です。

ただし想定外の動きをする事も多いため、思わぬ損失を被る可能性もあります。

大きな指標で狙うときは、十分注意しましょう。

 

 

まとめ

一度に必要な注文をまとめて出せるIFD-OCO注文は非常に便利です。

使いどころを見極め、積極的に使っていくようにしましょう。