2017/07/16 ドル円相場観測

 

 

米国指標により急落、ロシアゲート問題により後押しがされている模様。

来週20日にはECB他、ドル円に大き目の影響を与える指標が多いため注意していきたい。

 

原油価格はこちらから:

https://nikkei225jp.com/oil/

40ドルを割り込むような動きになると、円高に振れ始める可能性も。

 

世界長期金利はこちらから:

https://jp.investing.com/rates-bonds/world-government-bonds

 

現状の懸念点:

円安方向の流れはあったが、色々な材料に阻まれている印象。

イエレン氏などの発表ではどちらも円安に動いているので、米国政府の意向としてはドル高円安続行だろう。

 

 

現状方針:

短期:不明(ロシアゲート問題により動きが不安定。前回予想のやや円安という予想は外れ。)

中期:様子見(現状分析・アメリカ政策により)

長期:円安(アメリカ政策により)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です