FXに必要な投資資金はいくら

FXに必要な投資資金

FXに必要な投資資金はいくらくらいでしょうか。何十万円、何百万円という方もいらっしゃれば、数千円、数万円くらいまでという方もいらっしゃいます。

こちらはどちらも正解です。

その理由や投資資金の多寡によるメリット、デメリットに関してご説明していきます。

 

 

投資資金が少なくても、口座を使い分ければトレードできる

FX口座には最低取引単位というものが設定されています。例えば1万通貨が最低取引単位の口座で、米ドルをトレードする場合最低1万ドルずつトレードしなくてはなりません。

1ドル100円として取引をしようとすると、必要金額は100万円。

レバレッジが25倍まで効きますので、最低でも5万円(これは本当に証拠金ギリギリです。少し動くとロスカットされます。)が必要になります。

ですので、1万通貨単位の口座で取引をする場合、数十万円程度があったほうが安全です。

また1000通貨単位の取引だと10分の1で、100通貨単位の口座だと100分の1の証拠金でトレードが可能です。

 

投資は自分の余剰資金にて行うものです。

口座を使い分け、無理のない投資資金で取引を行うようにしましょう。

 

 

投資資金によるメリット・デメリット

FXではレバレッジという概念があり、証拠金以上のお金を動かす事が出来ます。しかしながら当然それには限界があり、ある程度の証拠金が必要となってきます。

投資資金が少ない場合、レバレッジを上げざるを得なくなり、少しの値動きで強制決済(ロスカット)されてしまう事も出てきてしまいます。

また一気に相場が動いたときは証拠金を割り込み、追証が発生するといったリスクも背負うことになります。

初心者のうちはなるべくレバレッジが3倍程度になるようコントロールしましょう。

 

 

まとめ

投資は余剰資金で行いましょう。投資資金が少ない場合は最低取引単位が小さい口座を使う事で、トレードすることができます。